英語が話せるようになりたい!今すぐ使える英単語と英語フレーズ

バーでは大人の会話が必須!スマートなお酒の頼み方

バーでお酒を飲むのは日本でも海外でも大人の楽しみの一つです。外国にも素敵なバーやパブはたくさんあり、旅行者向けのガイドなどに掲載されていることもあります。そんな店は旅行客でも安心して入ることができると思いますのでぜひ足を運んでみたいですね。

バーにはいろいろな人がいます。一人でゆっくり飲みたい人や、友人同士で話が盛り上がってる人、また出会いを求めている人もいるでしょう。バーで知らない人に声をかけることは海外ではよくあることなので、もし友達になりたいなと思うような人がいたら気軽に声をかけてみましょう。

もちろん酔って暴れたり、関係ない人にからんだり、そのような行動は日本でも海外でも禁止ですよ。

バーで紳士淑女としておしゃれにお酒を飲むための英語を少し伝授しましょう。

お店に入ると店員やバーテンダーが注文を聞いてきます。自分でカウンターに行って注文するカジュアルな店も多くあります。

What would you like to drink?(何を飲みますか?)

What can I get you for a drink?(何を飲みますか?)

Which beer would you like?

注文するときはお酒の種類などを伝えます。お酒やカクテルの種類は日本と変わりありませんが、あまりにマイナーなカクテルは作り方がわからない場合もあります。

I’ll have a glass of wine.(グラスワインをください)

I’ll have a glass of beer.(ビールをください)

Do you have any snacks?(おつまみはありますか?)

Two shots of tequila please.(テキーラを2杯ください)

Another beer please.(ビールをもう一杯ください)

I’ll have whiskey with no ice.(ウィスキーをアイスなしで)

I’ll have a bourbon on the rock.(バーボンをロックで)

など自分の好みの飲み方で注文することもできます。自分がよく飲むお酒があれば飲み方を英語でなんというか覚えておくといいでしょう。

ちょっと飲み過ぎたかなというときは

I’m a bit drunk.(飲み過ぎたわ)

I have a hangover.(二日酔いだわ)

お酒を飲み過ぎたときに言ういい方は他にも、tipsy(くらくらしてきた)やoff my face(べろんべろんに酔った)などがあります。しかし、私の印象だとDNAの違いなのか日本人よりも西洋人の方がお酒に強い気がします。

少なくとも私のようにビールを一杯飲んだくらいで真っ赤になってしまう人はいませんね。

もしも興味のある相手がみつかったら、自然な笑顔で声をかけてみましょう。

May I join you?(一緒にいい?)

Can I join you for a drink?(一杯どう?)

Can I buy you a drink?(一杯ごちそうさせて)

Sure.(もちろん)

No thankyou.(ありがとう)

その後相手とどんな会話をするのかは自由です。話が盛り上がれば電話番号を交換したりということもあるかもしれません。

Do you come here often?(ここよくくるの?)

Can I get your number?(電話番号を教えてくれる?)

Can I call you?(電話してもいいかな?)

Are you on Facebook?(フェイスブックやってる?)

Can I see you again?(また会えるかな?)

ただし、しつこく連絡先を聞いたり、あまりプライベートな質問をするのはマナー違反です。あくまでも楽しくお酒を飲むこと言うことが大切なのです。